在宅ワーク

出世欲がないなら在宅フリーランスとしての生き方もあり

在宅ワーク

会社で出世したいと思わないけど、もっと収入は欲しい気がする…。本当に今のままで良いのかな?

最近の社会人は出世欲がないと言われる事が多く、日本人の出世意欲、アジア太平洋地域で「断トツの最下位 」(iTmedia)という調査結果も出ています。

筆者の僕も会社員だった頃は出世欲が無いまま働き続けていましたが、「このまま会社に務め続けるのは人生の無駄なのでは?」と考え、在宅フリーランスとして生きていこうと決心しました。

ということで、今回の記事は出世欲がないまま働き続けることに疑問を感じているという人に向けて、在宅フリーランスを目指すのも有りです!ということをお伝えする内容になっています。

もっと人生を楽しく過ごしたい!という人は是非読んでみてください。

スポンサーリンク

出世欲がない理由

冒頭でもお話したように、現代の社会人には出世欲がない人が多いわけですが、なぜ出世欲がないのかについて考えてみましょう。

といっても人によって様々だと思いますので、僕が会社員の頃に思っていた出世欲がない理由を書き出してみました。

  • 今の会社で今後も働き続けるかわからない
  • 管理職になって忙しくなるのがイヤ
  • そもそも今の仕事が好きではない

今の会社で今後も働き続けるかわからない

一昔前までは企業の終身雇用年功序列(勤続年数によって給料が上がっていく)制度が盤石だったこともあり、会社に対して多少の不満があっても「安定した生活のために頑張ろう!」と思える環境が用意されていました。

しかし、近年は日本を代表する大手企業であっても希望退職者を募る(ほぼリストラ)事例が増えてきており、「会社に勤めていれば一生安定」という時代が失われつつありますよね。

そうして、「もし出世したとしても会社の経営が傾いてリストラされたらお終い」という不安が付きまとい、出世に対するモチベーションが下がっていきました。

会社が潰れたりしたら退職金貰えるかわからないし、そもそも出世しないと大した退職金も貰えないだろうし

管理職になって忙しくなるのがイヤ

数年前に働き方改革ワークライフバランスという言葉が広がりましたが、毎日遅い時間まで残業している上司を見てると、どうやらウチの会社は何も変わらないみたい…。

平社員の今でさえ忙しいのに、昇進したら更に忙しくなるのはちょっと…と出世欲が削がれてしまいますね。

そもそも今の仕事が好きではない

周りの友人達が就職するから」という理由で何となく今の会社に就職してはみたものの、そもそもやりたい仕事に進んだ訳では無いので、楽しめるはずも無く。

出世をしたいのであれば同僚よりも成果を出して社内で評価されなければないけませんが、出世のためだけに頑張るのは精神的に苦痛ですし、仮に出世したとしても苦しさは変わらないわけですね。

出世欲がない人が会社員を続けるデメリット

次に出世欲がないまま今の会社に勤め続けるデメリットについて考えてみましょう。

  1. 人生の大切な時間を浪費する
  2. 収入が増えない

① 人生の大切な時間を浪費する

会社員で出世欲がないということは、向上心が無い(会社員時代に筆者が上司に言われた一言)と捉えられても仕方が無いです。

確かに「どうせ給料が同じなら今のままでいいや」という気持ちで仕事をしてもスキルアップは望めないですし、何より充実感が得られず、つまらない毎日を過ごすことになります。

この時間をもっと別のことに使えれば人生の幸福度は爆上がりするのに勿体ないですよね。

② 収入が増えない

会社員が収入を増やすためには出世する or 副業を始めて稼ぐかのどちらかになりますので、副業をしていない会社員で出世欲がない人の収入はいつまで経っても増えません。

「収入が増えなくても別に良い」という人もいるかもしれませんが、それならばストレスの多い会社員ではなく、在宅フリーランスになるのをオススメします。

出世欲がない人にオススメの働き方 ⇒ 在宅フリーランス

ここまで読んで「出世欲がない人はどうすればいいの?」と思ったかもしれませんが、思い切って会社を辞めて個人(在宅フリーランス)で生活費を稼ぐという手もあります。

在宅フリーランスなら毎日会社に通勤してやる気のない仕事や職場の人間関係などでストレスが溜まることが無いですし、頑張り次第で会社員時代より収入を増やすことも可能です。

逆に仕事すること自体が嫌いな人は、毎月最低限のお金だけ稼いで、あとは遊んで暮らす生き方だって選べます。

でもフリーランスとして仕事が受注できるようなスキルを持ってないし…

僕も最初は完全にノースキルでしたが、30歳の時に独学でWebデザインを始め、1年後に月収30万円を達成しましたので、現時点でノースキルでも充分に在宅フリーランスを目指せます。

また、ここまで在宅フリーランスになるメリットしかお伝えしていなかったので、デメリットについても触れておきましょう。

  • 軌道に乗るまで収入が減る
  • ノースキルから始める人はそれなりに勉強する必要がある
  • 副業から始める場合は一時的に超忙しくなる
軌道に乗るまで収入が減る
当たり前と言えばそのとおりですが、フリーランスになりたての頃は会社員の頃よりも収入が減ります。

僕は会社員のころ手取りが20万円ほどでしたが、フリーランスになって暫くは稼げても月10万円ほどだったので、貯金を切り崩しながら生活をしていました。

ただ、実績を作って1年経ったころには月収30〜90万円ほど稼げるようになったので、今では会社員の頃よりも稼げています。
ノースキルから始める人はそれなりに勉強する必要がある
未経験の業種を始める場合は、スキルアップのために勉強する時間が必要です。

フリーランスになりたてだと案件を受注できないので、僕は2〜3ヶ月ほど朝から晩までWebデザインを勉強してから初案件を受注しました。
副業から始める場合は一時的に超忙しくなる
未経験の業種を始めるにあたって「いきなり会社を辞めるのは少し怖い」という場合は副業として始める手もあります。

ただし先程も記述した通り、未経験の業種を始める際にはスキルアップのための学習時間が必要になり、本業と同時並行で進めていく場合は寝る間を惜しまず勉強する期間もあるかもしれません。

以上のように、在宅フリーランスになるのは軌道に乗るまではちょっと大変です。

しかし、この苦労を乗り越えた先に今よりも幸福度の高い生活が待っていると思って本気で取り組めば、きっと道がひらけるはずですよ!

在宅フリーランスになる手順については在宅ワーク初心者の仕事の探し方・稼げるようになるための手順は?の記事で詳しく解説していますので、興味のある方は読んでみてください。

さいごに

会社で出世欲がなかった僕は、会社を辞めてからストレスが減り、家族との時間と収入が増えたことで幸福度が増しました。

現状「会社で仕事をするのが楽しくない」という人の選択肢の一つとして、在宅フリーランスを検討していただけたら幸いです。

それでは今回はこの辺で失礼します!

スポンサーリンク
この記事の内容をシェアする
どぎブロ
トップページへ戻る