未経験からWeb制作で稼げるようになるまで

Adobeソフトを購入しなければWeb制作案件が受注できない理由

未経験からWeb制作で稼げるようになるまで

以下の記事で、「Web制作の案件を受注するためにはAdobeの画像編集ソフトが必須」と記載しました。

未経験から副業でWebデザイナーになりたい!初期費用は何円かかる?
これから副業でWebデザイナーのお仕事がしてみたいけど、初期費用って何円くらい必要なの?という方のために、当記事では、実際に未経験からWeb制作の在宅ワークを始めた私が、何にどれくらいお金をかけたのかについて、余すことなくお伝えしていきます。

しかしこれは、未経験からWebデザイナーを副業にして稼いでいきたい!と行動を始めたばかりの人には少しだけヘビーな問題になります。

なぜならPhotoshop(フォトショップ)illustrator(イラストレーター)が高価だからです。

  • Adobe Photoshop単体 年間プラン月々払い⇒2,480円/月
  • Adobe Illustrator単体 年間プラン月々払い⇒2,480円/月
  • Adobe CreativeCloud 年間プラン月々払い⇒5,680円/月
    ※個人版 2020年1月時点の価格

どうしてこんな高価なソフトを買わなきゃダメなの?本当に必要なの?

疑いたくなる気持ちはわかりますが、本当に必要なのです。

早速以下から理由を見ていきましょう。

Webサイト制作案件でPhotoshopやillustratorが必須の理由

ズバリ、デザインデータの作成にPhotoshopやillustratorが使われている確率が高いからです。

でも、それってデザインをする人だけが持っていれば良いんじゃないの?

そういう訳にはいきません。

なぜなら、Photoshopで作成されたデータ(拡張子⇒psd)はPhotoshopでしか、illustratorで作成されたデータ(拡張子⇒ai)はillustratorでしか開くことが出来ないからです。

実際は「GIMP」や「Photopea」といった無料のソフトでもpsdファイルを開く事ができます
しかし、テキストやパーツの配置がズレて表示されたり、レイヤー情報が失われてしまう可能性が高く、実用性が高いとは言えません。

なぜデザイナーはPhotoshopやillustratorでデザインを作るのか

一般的なjpegやpng形式の画像データと違い、Photoshopやillustratorで作成したデータには、コーディングに役立つ情報がたくさん入っているからです。

  • テキストのサイズ、書体、行おくり、太さ etc…
  • 画像ファイル
  • デザインデータを構成する全要素のサイズ、カラーコード、座標

Webサイト制作では、テキストのサイズやアイテムの配置などは全て数値で指定します。
そして画像編集ソフトからは、これらの情報が全て数値で受け取れるのです。

もしもデザインデータの受け渡しがjpegやpngだったら、これらの数値が取り出せないので「ここは20pxくらいかな?」と、見た目から判断して作成しなければなりません。

デスクトップ内で使える定規ツールで、一つ一つサイズを測る方法もありますが、膨大な作業時間を費やすことになってしまいますね。

Photoshopやillustratorを購入せずに案件を受注すると…

私がPhotoshopを購入しないまま、コーディング案件を受注した時のエピソードです。

クライアントからpsdファイルのデザインデータを受け取り、無料ソフトでpsdファイルの内容を確認しながらコーディングを行った案件でのこと。

何とかコーディングを完了させてクライアントへ納品すると「元のデザインと違います」と訂正依頼をうけてしまいました。

私が見ていたデザインの内容には忠実に制作したはずなので、すかさずクライアントに確認。

スクリーンショットなどを使ってやり取りを行った結果、私が使用したフリーソフト上では、テキストの配置が正しく表示されていなかったことが判明したのです。

それが正しい配置と信じ、せっせと作った苦労が水の泡になったことで、愕然としました。

何よりクライアントに迷惑を掛けてしまったことが本当に申し訳なかったですね…。

おわりに

Photoshopやillustratorの必要性について理解して頂けたでしょうか?

始めは少し高額に感じてしまいますが、「高すぎ~…」ではなく「購入した金額の何倍も稼げるようになるぞ!」と自分を奮い立たせられる様に気持ちを持っていきましょう。

実際、Web制作案件を受注出来るようになればすぐに元は取り戻せます。

それにPhotoshopやillustratorを使い、自分でWebサイトのデザインをしたり、バナー作成や写真加工が出来るようになれば、仕事の幅が広がり大幅な収入アップが狙えるという側面も見逃せません。

Webデザイナーとして働く!という夢の実現のために、前向きに検討されてみてはいかがでしょうか?

AdobeCC+通信講座購入で学割適用!「たのまな」を買ってみた
「たのまな」でAdobeCCと通信講座をセットで購入すると学割が効くので、他の方法で購入するのと比べて半額近い値段で買う事が出来ます。「在宅ワークや副業でAdobeソフト(Adobe Creative Cloud )が必要になりそう!」「でも値段が高すぎて購入する勇気が出ない!」こんな方にオススメです!

トップページへ戻る