在宅ワーク

Amazonアソシエイトの「Too Many Requests」エラーの原因は売上不足

Amazonアソシエイトの「Too Many Requests」エラーの原因は売上不足在宅ワーク

Amazonアソシエイトの商品情報取得APIを利用して商品を掲載しようとすると、下記エラーメッセージが表示される現象に遭遇しました。

アイテムを取得できませんでした。
TooManyRequests
The request was denied due to request throttling. Please verify the number of requests made per second to the Amazon Product Advertising API.

英文を訳すと「APIへの商品情報取得リクエストが多すぎてエラーになりました」とのことですが、1日せいぜい200PVの当ブログで「リクエストが多すぎ」と言われても何のことやら。

ちなみに当ブログの運営環境は下記のとおりです。

  • プラットフォーム:Wordpress
  • WordPressテーマ:Cocoon

CocoonとアマゾンAPIを連携すれば、プラグイン無しで良い感じの商品紹介リンクが貼れるのに、このエラーが出るせいでそれが活用できずに困っていました。

しかし!このたび、以下のようにAmazonアソシエイトのAPIが利用できるようになりましたので、原因と改善方法についてご紹介します。

同じ様に悩んでいる方に参考にしていただければ幸いです。

「Too Many Requests」エラーの原因は売上実績不足

「Too Many Requests」エラーの原因は売上実績不足

結論からになりますが、Amazonアソシエイトで「Too Many Requests」エラーが出る原因は売上実績不足です。

売上実績の発生がない場合は、PA-APIの利用開始はできません。
また、発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIをご利用いただけなくなる恐れがございます。

引用元:2019/01/23 – Product Advertising API 利用ポリシーの変更について

当ブログの場合は直近2ヶ月でAmazonアソシエイトの売上が0だったので、モロに該当するわけです。

運良く2020年4月10日に2件、4月11日に5件の売上が発生したため、4月12日には当ブログ内でAPIの復活を確認することができました。

Amazonアソシエイトで売上が発生しても「Too Many Requests」が直るとは限らない

Amazonアソシエイトで売上が発生しても「Too Many Requests」が直るとは限らない

「Too Many Requests」エラーを改善する方法は先程紹介した通り、「発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない」状況を避けることですが、実はこの条件を満たしても直らない場合があります。

それは「売上実績が足りないとき」です。

えー!30日以内に1件でも売上が発生してれば良いんじゃないの?

というのも、当ブログで最初に「Too Many Requests」エラーを確認したのが2019年12月末頃になりますが、2020年1月20日と2月8日にも1件ずつ売上が発生していたんですよね。

それにも関わらず半月ほど待ってもTooManyRequestsエラーが改善されなかったので、Amazonアソシエイトにメールで問い合わせてみたんです。

Amazon.co.jpアソシエイト・プログラムにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

PA-API は世界中から毎秒大量のリクエストを受信しております。

下記メッセージが表示される状態はAPIのサーバーに世界中から複数の同時アクセスがあり、先着順で接続処理が行われ、その中で接続出来なかった方に表示されるものとなります。

———————————————————————
The request was denied due to request throttling. Please verify the number of requests made per second to the Amazon Product Advertising API.
———————————————————————

上記メッセージが返却・表示された場合は、再度リクエストを送信いただきますようお願いいたします。

アソシエイト・プログラムをご利用いただき、ありがとうございます。

Amazon.co.jp カスタマーサービス アソシエイト・プログラムスタッフ ご利用ありがとうございました。

さすがAmazon!いつも丁寧に回答してくれてありがとう。

でも「再度リクエストを送信(ブラウザで更新?)」は何度も試していたし、「先着順で接続処理が行われている」のであれば毎回安定して表示されているサイトはラッキーなだけ?など、腑に落ちないことだらけ。

たぶんこれ以上続けてもこちらの欲しい情報は手に入らないと踏んで、お礼を伝えて早々にやり取りを終了。結局「Too Many Requests」エラーは直らず、つぎの売上がないまま30日経過してしまったので諦めていました。

ところが冒頭でお伝えした通り、直近で7件の売上が発生!

今回は驚くほどあっさりとAPIが復活したわけです。

つまり、過去30日以内に売上実績があったとしても、売上が少ないと「Too Many Requests」エラーが直らない場合もある。たくさん売上を作れるようにがんばろう!ということですね。

「Too Many Requests」の原因は売上実績の他にもある?

当ブログではAmazonアソシエイトでの売上実績が出来たことで「Too Many Requests」エラーが改善されましたが、以下の記事のように「売上実績があるのにエラーが出る」という例もあるようです。

どちらも明確な改善方法の発見には至っていない様ですが、改善へ向け色々と試された結果、現在は改善されているとのことですので、「売上があるのにToo Many Requestsエラーが出ている」という方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Amazonアソシエイトの「Too Many Requests」エラーの原因と改善方法について解説してきました。

  • 「Too Many Requests」エラーは発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合に起こる
  • 過去30日以内に売上が発生していても、売上が少ない場合は改善しないことがある
  • 売上があるのに「Too Many Requests」エラーが発生している人も居るが、今のところ明確な改善法は見つかっていない

もしも現時点で、Amazonアソシエイトで過去30日以内に売上実績が無い(または少ない)状態で「Too Many Requests」エラーに悩んでいるという方が居ましたら、まずは売上実績を作ることから試してみましょう。

APIが使えなくても、自分でおすすめしたい商品のテキストリンクを作成したり、ブログカードで商品ページへのリンクを張ったりすれば売上は発生しますので、地道に頑張りましょうね!

それでは、よいAmazonアソシエイトライフを!

トップページへ戻る