ブログ運営

【メリットだらけ】夫婦でブログを始めたら毎日が楽しい件。収入UPも目指せる!

ブログ運営

世の中、夫婦でブログを書いている方って意外と居ますよね。

本ブログも開設当初は、夫である僕が一人で書いていましたが、現在は妻も執筆に参加し、二人でブログを運営する様になりました。

そしてこんな考えが浮かびました。

「夫婦でブログ運営するのって、メリットしか無いじゃん」

今回は夫婦でブログを運営することのメリットについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

2倍のペースで記事の投稿が出来る

せっかくブログを運営するのだから、少しでも早くブログを成長させたくなるのが心理ですよね。

ブログを成長させる正攻法は良質な記事を投稿することですが、記事を投稿するのってそれなりに時間と労力を割いてしまうもの。

しかし、夫婦でブログを運営すると記事の投稿ペースは2倍!

例えば1日1記事投稿を続けると、100記事に到達するのに100日を要しますが、2人だと半分の50日で100記事に到達します。

単純な話ではありますが、夫婦でブログを運営するのって相当アドバンテージがあるんです。

励まし合える

cheering

普段の仕事を終えてクタクタなところ、さらに1日数時間の執筆作業。
そして一向に伸びないブログのアクセス数…。

そりゃ心が折れそうになる瞬間がありますって!!!

ちょっと今日は記事書くのやめとこうかな…

そんな気持ちが沸いてきそうなとき、隣でパートナーが執筆している姿を目の当たりにするとどうでしょう。

自分だけ折れる訳にはいかない。やらなきゃ!」という気持ちになるんですね。

逆にパートナーが折れそうになった時は。励ましてあげることもできます。

我が家の場合、妻が弱気になったらこの様に声を掛けます。

「おーい、ブチ抜くんじゃないの??」

すると妻は「ハッ!」とパソコンの前に向かうのです。(与沢翼氏に感謝)

お互いの記事を添削し合える

check

自分で書いた文章って書き終わった直後だと客観視出来ないですよね。

書いた記事を翌日読み直すと「ここの文章変だから書き直そうかな」とか「あ、誤字発見!」といったことが多々あります。

でもせっかく記事を書いたのだから、少しでも早く誰かに読んでほしい気持ちもありますよね。

そんなときは、パートナーに余裕がありそうなタイミングで記事の添削をお願いすることもできちゃいます。

特に異性向けの記事を書く際にはパートナーに添削してもらった方が、より読み手に寄り添った表現に近づけられるのも強みです。

夫婦で一体感が生まれる

夫婦で同じブログを運営していると「ブログのアクセス数を増やす!」という明確な共通目標ができるので、自ずと一体感が生まれます。

明日なに書くか決めた?
ちょっと記事書いたから読んでみてくれない?
昨日の記事、めっちゃ良かったよー!

普段の会話も増えるので、夫婦のコミュニケーションが以前より充実しているのが実感できます。

大袈裟ではなく、夫婦でブログを始めてから日々の生活に張り合いが生まれましたね。

アフィリエイトで収入が稼げる

dream

ブログを運営するとアフィリエイト収入を得るチャンスが生まれます。

アフィリエイトとは自分のブログに特定の商品やサービスの広告を設置し、その広告を見た読者が商品を購入することで、ブロガーが広告主から報酬を受け取れる仕組みです。

驚くべきことに、世の中にはブログのアフィリエイト収入だけで毎月100万円以上稼ぐブロガーがゴロゴロといるのです。

当ブログは到底そのレベルにはおよびませんが、それでも月に数万円ほどのアフィリエイト収入があります。

アフィリエイト収入を伸ばすための近道は、アフィリエイト広告を設置した記事を大勢の人に読んでもらうことです。

そのためにブログを成長させる必要がある訳ですが、もう言わなくてもわかりますよね?

夫婦2人で記事を書くと、2倍の速度で目標達成が目指せます。

まとめ

今回は夫婦でブログを運営するメリット(ブログの成長速度UP・夫婦円満・アフィリエイト収入)についてご紹介しました。

本記事を読んでブログに興味を持たれた方は、この機会に一緒にブログを始めてみませんか?

趣味でブログを作りたい方は、はてなブログアメブロといった無料ブログが使いやすくてオススメです。

将来的にブログでアフィリエイト収入を目指したい方や、ブログのデザインを自分好みにカスタマイズしたい方にはWordPress(ワードプレス)でブログを始めるのがオススメです。

詳しくはWordPressブログの始め方を徹底解説の記事で詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

それでは今回はこの辺で失礼します!

スポンサーリンク
この記事の内容をシェアする
どぎブロ
トップページへ戻る