30歳で未経験からWebデザインを始めた話

webサイト制作未経験でフリーランスになり約1ヶ月で初受注!

30歳で未経験からWebデザインを始めた話

ついに、ついに、クラウドソーシングサイトでランディングページ制作のお仕事を獲得しました!!!

ランディングページ制作案件初受注!

冒頭で触れた「ランディングページ制作のお仕事」ですが、実は本日時点で既に完了しております。

つまり、依頼頂いた内容のサイトを私が制作し納品。その後クライアントに検品して頂きOKを頂いたことで、利益が確定している状況です!

思えば「これからはやりたい事をして生きていく!」、「善は急げ!」という精神で、webサイト制作の受注実績が一切無い状態で脱サラしました。

しかし、このまま一つも仕事が受注できず、サラリーマンに戻ることにならないかという不安な気持ちもありました

そんな中、ようやく1件受注。安心するにはまだまだ早いですが、なんとか一歩を踏み出せたと思います。

今回は、webサイト制作未経験の人間が、クラウドソーシングサイトで仕事を受注するに至るまでの経緯について書いていきたいと思います。

応募しても応募しても決まらない

クラウドソーシングサイトには日々、システム開発やwebサイト制作、ライディングなどのお仕事が掲載され、たくさんのワーカーが仕事を受注しています。

私もクラウドソーシングサイトでホームページ制作のお仕事を受注し、スキルを磨きつつ生活費を稼ぐ事を一つの目標にしています。

1ヶ月ほど前に脱サラし、独学で勉強を行っている私のサイト制作のスキルは、まだまだレベルが低いという自覚はあります。

しかし、消極的に進めていては現状を打破する事は出来ないと考え、ポートフォリオサイトを1つ制作した段階で仕事に応募してみました。

私が応募したのは、ホームページ作成案件の中でも比較的負担が低いとされる「ランディングページ制作」案件です。

5~6件ほど応募しましたが全然決まらず。

それもそのはず。「制作会社での実務経験無し」「法人への納入実績なし」、それに加えて「クラウドソーシングサイトのアカウント自体で案件受注実績無し」の人間ですので、信用はゼロに等しいです。

クライアントもお金を払ってホームページ制作を依頼する訳ですから、そりゃー経験豊富で、信頼が出来る人に依頼したくなります。

受注しない事には何も始まらない!「ガンガンいこうぜ」

そうは言っても、受注しない事には実績は付かないし、実績が付かないと受注できない。

作戦を「ガンガンいこうぜ」(価格で勝負するしか無いっしょ!)に切り替えました。

具体的には案件の内容に関わらず「5,000円」でお見積もりをすること。

5,000円です!!5,000円であなたのサイト作ります!!

安くやります!作らせてください!!!嫁が、嫁がおりまんねん!!!!!

そんな気持ちで更に4~5件応募。そしてついに

クライアント「ご応募ありがとうございます。ぜひ今回の機会を実績としてご活用ください。」

泣いた

欲しいのは報酬よりも「実績」

以下、先述の案件の概要です。

  • 案件内容:レスポンシブ対応LP制作(完成品はタテ9,500px規模)
  • 作業内容:デザイン、ロゴ作成、コーディング
  • 報酬:税込¥5,400(手数料引いて手取り:¥4,320)
  • 制作期間:6日間

1日10時間程度稼働×6日間ですので、4,320(円)÷60(h)で時給72円のお仕事でございやす。

こうしてみると驚きの数字ですが、大丈夫です。まったく問題ありません。

理由は2つ

  • 勉強しながらお金がもらえている「ラッキーな状況」と考えているから
  • 実績が出来たから

今回の案件を受注したのは「クラウドワークス」というサイトです。

こちらのサイトでは、お仕事が終了した時点で発注者と受注者がお互いに評価を付けあうシステムがあります。

この評価結果は他のユーザーからも見えるようになっており、「この受注者は安心して仕事が任せられる人なのか」、「この発注者は間違いなく報酬を支払ってくれる人なのか」を判断する材料に使われる訳です。

今回案件をくださったクライアントから私に対する評価は、ありがたいことにMAX評価の☆5判定でした。

この評価に加え、「法人向けにランディングページを納入した」という事実も残りますので、今後は法人向けに納入した実績ありと公表することが出来るのです。

これによりお客様から私に対する信用が生まれ、案件の受注率は以前と比べて大幅に上がると考えております。

以上のことから、実際に受け取った報酬以上の物を得たと考えております。

おわりに

現時点では「在宅ワークのみで生活費を稼ぎ生きていく」には程遠い状況です。

しかし、少しずつ歩を進め、夢を実現させたいと思います!

当ブログでは今後も私の状況についてお伝えしていければと思います。

ではまた。

トップページへ戻る