ライティング

【簡単】初心者WEBライターが知っておきたいSEOのポイント4つ

ライティング

本記事では、初心者WEBライターが知っておきたいSEOの基礎知識について解説しています。

WEBライティングの仕事に応募しようとしたら、SEOの知識を求められた・・・。

WEBライティング未経験の初心者だけど、できるだけ早く高単価の仕事をとりたい!

上記のような不安や目標をもっている方に、参考にしていただける内容になっています。

最低限知っておきたいポイントを4項目にわけていますので、WEBライティングの際に本ページを繰り返し読みながら、知識を定着させていきましょう。

この記事を書いた人:yuka
(@yuka_doggyblog
普段は在宅フリーランスとしてWebライターのお仕事をしています。
プロフィールページはこちら

そもそもSEOってなに?WEBライティングになぜ必要?

まずは「SEO」の目的についてみていきましょう。

検索エンジン最適化とは、検索エンジンのオーガニックな検索結果において特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整すること。また、その手法の総称。 サーチエンジン最適化ないし検索エンジン対策とも呼ばれ、ウェブポジショニングと同義である。

Wikipedia

そもそもWEBライティングは、そのコンテンツをGoogleなどの「検索エンジン」に適切にランキングしてもらうためにおこないます。

その特徴から切っても切り離せないのが「SEO対策= 検索エンジン最適化」というわけです。

初心者WEBライターから脱却して、高単価の案件をとるためにも、SEOの知識はしっかり入れておきたいところ。
今回はこれだけは「知っておきたい!」という内容に絞って、4個のポイントを解説していきます。

初心者WEBライターのSEO①タイトルにキーワードを入れる

まずは「タイトル」のSEOについて。

WEBライティングに欠かせないタイトル作成ですが、タイトルには必ず狙っているキーワードを入れてください。

たとえば「乾燥肌 おすすめ」をキーワードとする場合、

乾燥肌おすすめの乳液5選~」

のように、タイトルにキーワードを含ませます。

またこの時、キーワードはタイトルの前方(左寄り)に入れることを意識しましょう。

補足:タイトルの文字数は32文字以内を目安に!

記事の内容を伝えようとして、長々としたタイトルになってしまうことがあります。

しかしながら、検索結果に表示されるタイトルの文字数は30文字前後
長々としたタイトルをつくってもパッと見でユーザーが確認できず、逆に記事の魅力を伝えられないこともあります。

そのため32文字以内を目安に、できるだけキャッチーなタイトルを作成するように心掛けましょう。

タイトルの前半はキーワードを入れ、後半はそれを補足する内容が望ましいです。
たとえば・・・

乾燥肌おすすめの乳液5選!ひどい粉吹きともこれでおさらば」
(29文字)

「この記事を読めばあなたの悩みが解決しますよ!」と伝えられるタイトルだとより良いですね。

初心者WEBライターのSEO②見出しにもキーワードを入れる

WEBライティングには、基本的に「見出し」というものが存在します。

  • タイトル=h1
  • 大見出し=h2
  • 中見出し=h3
  • 小見出し=h4

記事をわかりやすく構成するために必要なもので、この見出しにもキーワードを含める必要があります。

例を出してみましょう。

見出しにキーワードを入れるのは、SEO対策として有効な手段です。
ただし不自然になってしまう場合や、キーワードを入れることで見づらくなってしまう場合は、無理に入れる必要はありません。

ユーザーの見やすさを重視した上で、なるべく含めるようにしましょう。

注意:見出しは、大見出し(h2)→中見出し(h3)→小見出し(h4)の順番で使用しましょう。

初心者WEBライターのSEO③文章の段落の前方にキーワードを入れる

文章の段落の前方に狙っているキーワードを含めることも大切です。
特にh2やh3など、見出しのすぐ下の文章には、できるだけ入れておきたいところ。

あまりにもキーワードを意識しすぎると不自然な文章になってしまうので、あくまでも自然な形でなるべく含めるようにしてください。

初心者WEBライターのSEO④ 共起語を意識して記事を書く

共起語とは、ある言葉と一緒に用いられやすい言葉のこと。
たとえばキーワードが「朝食」の場合、「レシピ」「簡単」「料理」「ホテル」「パン」などです。

これらの単語を使うことが直接検索上位に影響するわけではありませんが、適切に含めることで記事の内容が自然に充実し、結果的に検索エンジンが評価してくれる可能性が高くなります。

共起語検索ツールなどを使用して調べてみるのがおすすめです。

ただし適切に含めることが大切であり、むやみに入れてしまうと逆効果になることもあります。
読み手の目線に立って、記事の内容を深堀するために共起語を使うという意識で文章を作成していきましょう。

初心者WEBライターが1冊もっておきたいSEOの教科書

上記では初心者WEBライターが知っておきたいSEOのポイントについて解説しました。
初心者の段階では、今回ご紹介した4つのポイントを抑えておくだけでも、十分に質の高い記事が書けるようになります。

もう少しスキルをつけて高単価の案件を受注したい」「SEOの知識を求められるライティングに挑戦したい」という場合は、以下の教科書がおすすめ。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

ストーリー調になっているため初心者にもとっつきやすく、非常にわかりやすい内容になっています。
これ1冊もっておけば十分なので、WEBライティングの際にバイブルとして使用してみてください。

初心者WEBライターが注意したい文章作成時のポイント4つ

WEBライティングにはSEOも大切ですが、それ以外にも注意しておきたいポイントがいくつかあります。
ここからは、初心者WEBライターが注意したい4つのポイントについてみていきましょう。

  • 情報を詰め込みすぎない
  • タイトル・見出しに対する答えをしっかり書く
  • 同じ語尾を続けない
  • 適度にひらがなを入れる

1. 情報を詰め込みすぎない

WEBライティングで初心者が陥りやすいのが「情報を詰め込みすぎる」ということ。
内容を濃くしようとして、1つの見出しにダラダラと長い文章を打ってしまうのは基本的にNGです。

読み手にストレスを与えないためにも、なるべく簡潔に要点を伝える意識をしましょう。

2. タイトル・見出しに対する答えをしっかり書く

本文の内容はタイトル・見出しに対する答えになっていることがベスト。

たとえば「朝食ダイエット」の記事なのに、「夕飯はこれを食べたほうが痩せる」という内容を記載しても、ユーザーの求める答えにはなっていないですよね。

できていそうで意外にできていない人が多いので、記事を書く際は今一度チェックしてみてください。

3. 同じ語尾を続けない

同じ語尾が続いている文章は冗長な印象があり、読み手にストレスを与えます。

語尾とは「~ます。」「~です。」「~でしょう。」などのこと。

「~ます。~ます。~ます。」

と同じ語尾を続けるのではなく、

「~ます。~です。~ではないでしょうか。」

のように、なるべく違う語尾を使用して文章を作成するように心掛けましょう。

4. 適度にひらがなを入れる

漢字の多い文章は読みづらく、読み手を疲れさせてしまう原因になります。

漢字:ひらがな=7:3」の割合が良いとされているので、漢字を多く使用してしまいがちの人は、少し意識してみるといいかもしれません。

漢字が多い文章だなと思ったら、

  • 言う=いう
  • 行った=おこなった
  • 様々=さまざま
  • 事=こと
  • 為=ため

など、ひらがなに変換して読みやすい文章を作成しましょう。

脱・初心者WEBライター!SEOの知識で高単価の案件をゲットしよう

WEBライティング初心者のうちは、応募できる案件が限られていたり、高単価の案件に中々応募できない状況があるかと思います。

そんなときにSEOの知識が少しでもあると、ライティングの質がアップし、高単価の案件にも応募しやすくなるはずです。

大切なことは「キーワードの含め方」と「ユーザー目線」。
本ページを参考に、次回以降のライティングで実践してみてください。

✅初心者WEBライターにおすすめのツール&教科書
共起語検索ツール
※ライティング前の検索に!
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
※SEOはこの1冊でOK!
トップページへ戻る