yukaのプロフィール

こんにちは、yukaです。

宮城県の田舎町で、虫と格闘しながらも日々マイペースに過ごしております。

2017年頃、会社員だった私はたまたま「WEBライティング」という職業を知り、副業という形で挑戦したのがフリーランス生活の始まりでした。

いろいろ大変なこともありましたが、今では安定的に20万円~25万円ほどの収入を得られるようになりました。

現在はライティングのほかに、データ入力のお仕事もしているのですが、もともとモノづくりが好きということもあり、近々ハンドメイドの商品も売ってみたいな~なんて妄想を膨らませています。

この記事を書いた人

Yuka

WEBライティング等の在宅ワークで生計を立てています。会社事務員として働いた末、会社勤めが性に合わないことが発覚。現在に至ります。

自身の経験をふまえて、未経験・初心者のWEBライティングの始め方を発信中です。

早速ですが、

どうやってゼロからWEBライティングで稼げるようになったのか?

について、ざっくりと紹介してみたいと思います。

●2017年7月

会社員をしながらWEBライティングを始める。

YoutubeでWEBライティングで生計を立てている方がいると知り、会社員をしながらWEBライティングに挑戦。

初月は6,178円という収入でしたが、これがすごく嬉しかった・・・!

●2017年12月

会社を辞めて、WEBライティングで食べていくことを決意する。

副業の状態で5万円程度稼げるようになり、「本業でやったらもっと稼げるのでは・・・?」と、会社を退職。

そこから一気に収入がアップし、130,372円を達成。

●2018年~2019年

一日のほとんどをWEBライティングに捧げ、最高月収290,743円を突破。

さらに夫のDoGgyもフリーランスの道へ引きずり込む。

●2020年~現在

ライティングの他にデータ入力の仕事もするようになり、最近はストレスの掛からない範囲で仕事を続けています。

20万円~25万円の収入をキープ。

自分の好きな環境で、タイミングで、マイペースに仕事をする

フリーランスという働き方にも慣れ、いまは自分にストレスがない範囲でマイペースにお仕事をしています。

仕事環境はこんな感じ↓

休憩中の写真なので格好がちょっとだらしないですが・・・。

仕事中はディスプレイ2台をつかって、右画面で調べものをして左画面で文章を書くといった感じで仕事を進めています。

午前中は基本的に自分の好きなことをしていて、趣味のパン作りに時間をつかうことも多いです。

これは焼きたてのメロンパン!美味しそうでしょ?(゜▽゜*)

・・・と個人的な話はこのくらいにして。

今はこんな風に気ままに過ごしていますが、会社員時代は本当に辛くて、休日も次の仕事のことを考えては落ち込んでの繰り返しでした。

でもそういう辛い環境だったからこそ、「抜け出したい」「ストレスが掛からない生活がしたい」と思えたわけで、WEBライティングという仕事に出会えたきっかけとして、そんな日々にも今は少しだけ感謝してます。

何の目標も資格もなかった私

会社を辞めたいと思った時、なにを考えたかといえば「今より楽な仕事ならなんでもいい」でした。

このときはもうやりたいこととか目標とかはなく、もうなんでもいいから辞めたい。給料が安くても良いからラクしたいという想いだけ。

今思えば、そんな考えでまた就活してたら、同じ過ちを繰り返していたと思います。

それはさておき、

上司に「辞めたいです」と伝えに行くと、「そんなんじゃ社会人としてダメだ~、うんたらかんたら」というありがちな説教をいただくことに。

このときは”どうせ後々やめる会社なんだから、上司の顔色なんて伺わなくてもいいや”と自暴自棄になっていて、

「会社にいかないで、家で仕事させてくれるなら残ります」

と、ダメもとで提案してみました。(今考えたらすごい失礼・・反省)

すると驚くことにそれを了承してくれて、めでたく在宅で会社員を続ける事になりました。

会社に行かなくていいの?!ほんと?!ヒャッホオオオ!!

なんて思っていたのですが、業務内容は変わらない訳で・・・。

またどんどんストレスの波が押し寄せてきました。

でも、この「在宅で仕事」をしているという環境がきっかけで、

在宅ワークという働き方があることを知る→WEBライターという職業を知る→挑戦してみる→フリーランスになる

という経緯をたどることができたのです。

人生で初めて努力した日々(WEBライティングスタート)

思えば、私はWEBライティングに挑戦するまで、努力といった努力をしたことはありませんでした。

勉強もしないし、浪人してしまうし、新しい趣味をみつけてもすぐに飽きてしまうし。

とにかくやること全部が中途半端で、なんの結果も残せないというのが私。

そんな私が初めて努力して結果を出せたのが、WEBライティングでした。

実は私、WEBライティングを始めるまでは、文章作成が大の苦手だったんです。

作文は本当に大嫌いだったし、大学受験でAO入試の選択があるといわれたときも、論文作成があるというだけの理由でエントリーしなかったくらい。
(これで浪人してるんだから、本当に呆れちゃうのですが。)

それでもWEBライティングに挑戦したのは、YoutubeでWEBライティングで生計を立てているという方の動画をみて、なんかできるかもしれない、と漠然とおもったこと。

あとは、苦手なことをしてでもいいから会社を辞めたかった、そして一生お家で引きこもって仕事がしたかったというのが理由です。

そんなこんなで、最初は会社員をしながら副業としてWEBライティングを始めて、ある程度収入が得られるようになった段階で、フリーランスになることを決意しました。

最初は文章作成になれるのが本当に大変で、最初の1行を書くのに何時間もかかってました。

深夜までやることもあったし、フリーランスになってからも「とにかく稼がなきゃ・・・!」という想いで朝から晩までずーーーーっとWEBライティング。

「初心者だから仕事をとるのが怖い」という想いには蓋をして、無心で仕事を受注して納期までにひたすら書く。スタートダッシュは、そんな感じでした。

何ももっていない平凡な私でもフリーランスになれた

大した計画性もなく、勢いで飛び込んだWEBライティングという世界でしたが、

何の資格も経歴もない私でもフリーランスとして活動できるようになりました。

月20万円~25万円というと、収入にしてはあまり多い方ではないかもしれませんが、それでもストレスがない生活を手に入れられたことが、私の人生にとってはすごく大きなことでした。

理不尽なことで怒られることもないし、好きな時間に起きて、好きな時間に仕事して、合間にゲームなんかしちゃったりして。ティータイムも楽しんじゃったりして。

大学生時代のわたしにメッセージを送れるなら、すぐにでもWEBライティングをして独立しなさいといいたいです。

フリーランスになると、新しいことに挑戦する機会が増える

フリーランスになってから実感したことといえば、頭のキャパが超ーー増えるということです。

余計なことを考える隙間ができるというか、次はこんなことしてみようかな、こんなことにチャレンジしてみようかなと考えるようになるんです。

たとえばこのブログもそうです。

こんな私でもWEBライティングで稼げるようになったんだから、情報発信したら他の方の役にも立つんじゃない?ついでに広告クリックしてもらったら私の収入もちょっと増えるんじゃない?なんて思ったり~。(゜3 ゜;;)←

最近だと、ずっとやってみたかったハンドメイド作品を売ることに挑戦してみたり。

あとは投資のお勉強なんかも、最近はハマっています。

そんな感じで、フリーランスになると自分に使える時間がかなり増えるので、あたらしいビジネスに挑戦したり、趣味を深がしたり、勉強したりと、新しいことに興味を向けることができるようになりました。

6、私のこれから、あなたのこれから

私はこのブログを通じて、WEBライターになりたいフリーランスになりたいと思っているあなたのお手伝いしたいと思っています。

実際にWEBライターとして活動しているからこそ提供できる情報があると思うし、わたしのように本当の本当にゼロからでもWEBライターになれるということを伝えていきたいです。

さて、今これを読んでくださっているあなたは、これからどんな人生を実現していきたいと考えているでしょうか。

  • この先、ストレスのない生活を送りたい
  • 時間を自由に使いたい
  • 人間関係や理不尽な上司に振り回されたくない
  • 自分1人でも生きていける技術が欲しい

この中の1つでも当てはまるなら、きっと私がお手伝いできることは沢山あると思います!

私が実際にWEBライターになるまでに通った過程や、文章作成のコツなんかもこのブログに掲載しているので、ぜひ読みながら実践してみてください。

まずは行動あるのみ!です!

yuka

ブログトップへ戻る