脱サラした話

未経験の業界にフリーランスで飛び込んだ男の生活

rice脱サラした話

在宅フリーランス夫婦山口家・夫のDoGgyです。

会社の人間関係や営業マンとしての働き方に限界を感じた私は、2019年6月に当時勤めていた会社を辞めました。

お探しのページは見つかりませんでした。 | どぎブロ
在宅フリーランス夫婦が在宅ワークのお役立ち情報を発信!

退職する数カ月前から独学でwebサイト制作スキルを身に付け、現在はクラウドソーシングサイトで案件を受注して働いています。
(ちなみに現時点での月収は24,612円。会社員時代の貯金を崩しながらの生活。)

このままいくと貯金が尽きてしまうので、一刻も早く現状打破する必要があります。

今回は、そんな私の最近の生活についてお話していきます。

毎日しごと&勉強

marathon

まず、会社に所属していないので、土日祝日がお休みというルールはありません。

土日に仕事を受注する事もありますし、平日に受注した仕事の対応を土日に行う事もあります。

普段の案件では、自分が制作したことの無い構成のwebサイトだったり、動きを要望いただくことが多いです。(むしろ、現時点だとそっちの方が多い)

だからといって「出来ません」ではいつまでたっても収入に結び付かないので、都度調べながら、期間内に納品できる状態に仕上げていきます。

経験が少ないため、各作業に掛かる時間が読めず「早めにやっておこう」と取り組みますが、結局はそれなりに時間を要してしまうことが多いです。

そして、案件をたくさん受注して稼ぐために毎日の勉強を欠かすことも出来ません。

未経験Webデザイナーがクラウドソーシングで案件を受注するコツ
私が普段利用しているクラウドワークスでは、一般的なランディングページ制作案件だと、1名の募集に対して20~30名ほど応募がある印象です。その様な状況の中、実務でのwebサイト制作経験が少ない私たちはどの様にして案件を獲得していけば良いのでしょうか。

今取り組んでいる仕事に近い内容は、業務中に勉強する事も出来ますが、そこから少し外れた部分(例:webサイトコーディング案件を対応しているが、webデザインについても勉強したい)については、他で時間を取って勉強するしかありません。

この様に、稼げる様になるために、仕事&勉強を休むことなく続けています。

1日のタイムスケジュール

平日・土日祝関係なく下記のルーティンを目安に行動しています。

  • 7:00   起床
  • 7:05~  シャワー(目覚まし効果あり)
  • 8:00~  業務かいし
  • 12:00~  昼ごはん
  • 13:00~  おひるね
  • 13:30~  業務さいかい
  • 16:00~  Youtube見ながら腹筋
  • 16:30~  業務さいかい
  • 19:00~  夕ごはん
  • 20:00~  勉強
  • 24:00~  就寝

※業務中は60分~90分毎にリビングに行き、5分~10分ほどコーヒー休憩や仮眠を挟みます。

ちなみに、我が家は夫婦で在宅ワークをしています。

妻も私と同じ様な生活リズムで過ごしており、私が勉強している時間は業務を行っています。

終日お休みの日は1ヶ月に1日だけ

先ほど妻と話していて判明しましたが、直近31日間で朝から晩まで仕事も勉強もしなかった日はたったの1日。ちなみにその日は日帰り温泉にお出かけしました。

ライスワークとライクワークが一致しているので辛くない

like-work

早く稼げる様にならなければ、という焦燥感はありますが、休みなく仕事&勉強を続けることは苦痛ではありません。突然ですが、以下の2つの言葉を聞いたことはありますか?

ライスワーク
お米を食べるため(=生活をしていく為)に仕事をすること。
ライクワーク
自分の好きなことや得意なことを仕事にすること。

最近目にする言葉ですが、これに当てはめて考えてみます。

以前まで、私は営業マンとして会社に勤続し働いていました。本来は黙々と作業に没頭することが好きなので、苦痛を感じる事の多い仕事でした。しかし、これを辞めてしまっては収入が無くなり生活に困るので、苦痛ながらも8年間続けてきました。これはライスワークですね。

現在はwebサイト制作という仕事をしております。

元々「絶対にこれをやっていきたい!」と心に決めた仕事かというと、そうではありませんでしたが、「黙々と作業するのが好き」「引きこもり体質なので自宅で出来る仕事がしたい」という私のライクを100パーセント満たしており、かつ、楽しいと感じながら取り組めるジャンルですのでライクワークと呼べるでしょう。

勉強するほど稼げる様になるというモチベーション

先述の内容から、今の私はライクワーク(webサイト制作)がライスワーク(生活するためのお金を稼ぐ術)になっていることがおわかりいただけたかと思います。

やりたく無いことに自分の時間を浪費していた会社員時代と違い、「好きな事を仕事にした」ため、趣味と仕事が、ある意味一体化した状態なんですね。好きなことをしている時間って苦痛に感じないですよね?

更にスキルを身に付けるほど、より多くの案件を受注できるとなれば、やらない手は有りませんね。

「もっとスキルを身に付けたい!」

ライクワークをしているからこそ、ようやくこのシンプルな考えに至ることが出来ました。

これでも夫婦仲良く生活しています

dog-couple

「そんな生活で奥さんストレス貯まってない?」と聞かれることがあります。

確かに私が会社員だった頃と比べ、夫婦でどこかに出かけるというイベントは減りました。
私と同じくインドア派の妻もさすがに「外に出たい」と言うこともあります。

そんな時は妻の行きたいところを聞き、日帰り温泉旅行や、カフェに行ってのんびりと過ごすといった時間を取るようにしています。

ただ、2人とも在宅ワークですので、平日だろうが休日だろうが常に同じ空間に居ます。私が会社員だった頃は、出張の多い私の体調などを心配してストレスが貯まっていた様ですので、そういった部分で妻は喜んでくれていると思っています。(たぶん。笑)

いずれにせよ、毎日冗談を言い合いながら楽しく過ごせています。

おわりに

今回は、「フリーランスになってから休みなく働いているが、ライクワークが出来ているので苦痛ではない」というお話をしました。

やる気と意欲は有る!(無いのは収入だけ)という状況ですので、あとは自分を信じて突き進むのみ!

ということで頑張っていきまーす!

またどこかのタイミングで近況がご報告できればと思います。それでは。

トップページへ戻る