在宅ワークコラム

やりたい仕事がないときは、自分がより楽になる方向を目指す。

在宅ワークコラム

こんにちは、山口家・妻です。

数年前の自分を振り返ると、「やりたい仕事」ってなかったなと思います。

就職活動のときは自己分析をして、無理やり自分がやりたいことを探したりしていましたが、どれもしっくりこなかった思い出。

そんなわたしですが、現在は自分の仕事におおむね満足していて、やっと自分らしい生き方ができていると感じています。

今回は、「やりたい仕事がない」という事象にどう向き合っていけばいいのかについて、私なりの見解をまとめてみました。

あなたの今後の生き方について、少しでもヒントになれば幸いです。

やりたい仕事がないのは当たり前

やりたい仕事がないっていうのは、当たり前のことじゃないかなと思っています。

仕事っていうと、凡人にとっては「生活するため」「お金を稼ぐため」「遊ぶため」の手段であって、実際のところ出来れば働きたくないから。

広告をつくりたいという夢があって広告業界に入ったとか、昔から漫画を描くのが好きで漫画家になったとか、やりたいことが仕事だったパターンは別です。

仕事だったら何が自分に合ってるかな
やりたい仕事ってなんだろう

こういう考えから入った場合、自分にとって本当にやりたい仕事を見つけるのは難しいと考えています。

今日から死ぬまで、どのような生活を送りたいか

あなたは今現在から死ぬまでの間、どのような生活を送りたいですか?

・趣味をずっと続けられる環境にいたい
・旅行をたくさんしたい
・大自然の中でくらしたい
・家の中でのんびりすごしたい…etc

わたしは、自分がどんな生活を送りたいかと考えたとき、

  • ストレスを感じないで過ごす
  • 家でマイペースに過ごす
  • 嫌な人付き合いをしない

上記のような条件が思い浮かびました。

これを実現するためにはどうしたらいいのだろうと考えた結果、フリーランスになって家の中で1人で仕事をするという選択肢がでてきたのです。

そして今、ほとんどの間家にいて、人付き合いもすることなく暮らしています。
ストレスのない快適な生活です。

仕事はやりたいことではありませんが、かなり満足した人生を歩めています。

自分がより楽しくラクに生きられる方向を目指す

どんな生活をしたいかというのが具体的に思い浮かばない場合は、どうすれば自分がラクになるかを考えてみるといいと思います。

働かないことが自分にとってラクなのであれば、働かないためにはどう動けばいいかを考えましょう。

ー考えてみると、働かないことを実現するには相当の努力が必要なことがわかるはずです。

では働かないことを実現するための努力をするよりも、働いた方がラクだと思うなら、どんな働き方がラクでしょうか。

・家で働くこと
・人と触れ合う仕事
・自分の会社を経営すること

ではその働き方を実現するには、どのようにすればいいのか。

こうやって考えていくと、自分が自分のためにやるべき行動・やるべき仕事が浮かんでくるはずです。

自分をいかに幸せで、楽しくて、ラクな生活を送れるようにするか。

ぜひ一度考えてみてほしいなと思います。

ラクして生きるのは大変、だからこそやりがいを感じてくる【まとめ】

ラクに生きるって、すごく大変なことです。
その環境をつくるには相当な努力と行動が必要で、ただ働いているだけではなかなか実現するのが難しい。

でも、だからこそ人生や仕事にやりがいがでてきます。

自分の人生を豊かにするための仕事であれば、それが自分らしい働き方になるはずです。

「やりたい仕事がない」と悩んでいるのでいるなら、 ぜひ自分が送りたい人生や生き方について考えてみてください。

トップページへ戻る